PICB2新着掲示板バナー

2023/06/07(水)作成

のび太の掲示板

2023/06/06(火)作成

焼きたらこ

2023/06/06(火)作成

愛知住み にゃーです。

2023/06/06(火)作成

デブス妻晒し

2023/06/05(月)作成

Kawada

2023/06/05(月)作成

寝取られ画像掲示板

2023/06/04(日)作成

出逢い

2023/06/04(日)作成

AsianFaggot

2023/06/04(日)作成

あかねの掲示板

2023/06/03(土)作成

濱の寒吉薬局

2023/06/03(土)作成

スカトロ

2023/06/03(土)作成

スカトロ

2023/06/03(土)作成

栃木 キメセク

2023/06/02(金)作成

さく S女性様募集

2023/06/02(金)作成

紫真希

2023/06/01(木)作成

かいとダンディー

2023/05/31(水)作成

キマリのある遊び募集

2023/05/30(火)作成

女装子PICTER

この掲示板を見ている人はこの作品を見ています

FANZAの初回クーポンのお知らせ
人気のトピック
3月21日更新 2レス

ちつのトリセツ

1. ケンシロウ。 2023/03/20(月) 10:14:09 通報
各地で桜の開花が発表されていますが、今週は雨の予報が多いみたいです。明日は春分の日春爛漫な季節に成ってきました。暫くは春を楽しみたいです。

「ちつのトリセツ」
面白いそうな記事を見つけたので参考に成れば・・・(苦笑)
中高年女性が直面する性と性器の問題に真っ向から取り組み、10万部を越えるベストセラーとなった『ちつのトリセツ 劣化はとまる』を出版した、径(こみち)書房代表取締役&編集者の原田純さん。二度の結婚・離婚と、20年間におよぶセックスレスを経て、原田さんがたどり着いたのは、「60代で人生最高のセックスをめざすこと」。その激しくも心躍る性生活の軌跡を、原田さんに伺った。
『人生最高のセックスは60歳からやってくる ちつのトリセツ恋愛実践編』 の著者 原田純さん
はらだじゅん●1954年、東京都生まれ。径書房代表取締役として経営と編集を兼務。取材で知り合った助産師のアドバイスで膣ケアに取り組み、その効果を実感したことから、『ちつのトリセツ 劣化は止まる』を執筆する。現在は、老後の人生と性について講演を行うなど、活躍の幅を広げている。最新著は、『人生最高のセックスは60歳からやってくる:ちつのトリセツ恋愛実践編』。
「あなたの膣は乾いてカチコチです」20年のセックスレスが招いた膣の劣化!
原田さんが『ちつのトリセツ』を書いたきっかけは、取材で知り合った助産師さんから「あなたの膣は乾いてカチコチになっている」といわれ、衝撃を受けたこと。
「2度の結婚と離婚を経験し、二度目の夫とは20年以上もセックスレスでした。膣は粘膜に覆われた筋肉で、適切なケアを怠ると、どんどん乾燥して縮んでしまう。でも、過去の経験から『セックスなんてもう必要ない』と思っていた私は、お手入れどころか、膣に触れてみることさえしていなかったんです」
50歳からのセックス、どうしたら?セックスをしないと膣は劣化する?
恋愛中や出産直後は気にしても、子育てや仕事に追われてセックスレスになると、膣をかえりみなくなる。さらに、年一回の子宮がん健診で膣に痛みや出血があっても、「年齢だし、セックスもしてないし。とりあえず日々の生活で大きな問題はないから」と、スルーしてしまう。こういう女性は少なくないと思うけれど、これって、自分の体に対して無頓着過ぎ??
「おっしゃる通り、無頓着ですね(笑)。健診で膣鏡を入れられたとき、強い痛みがあるのは膣が萎縮しているから。自覚症状がなくても更年期やストレスの影響で劣化は進むし、膣を支える骨盤低筋群が緩むと、尿漏れが起こって下着を汚したり、便秘や痔の原因にも。劣化がさらに進むと、膣の中に子宮やぼうこう、直腸などの臓器がはみ出てくる、骨盤臓器脱が起こることも。重度になると手術をするしか治療法がないので、ぜひ自分の目で見て触って膣の状態をチェックしましょう。出産を経験した女性はとくに、症状が出る割合が高くなるそうので、気をつけてほしいですね」
『人生最高のセックスは60歳からやってくる ちつのトリセツ恋愛実践編』
老化は性器の劣化からも始まる。入浴時の膣ケア&膣トレで健康をキープ!
乾燥や緩みによる性器の劣化によっても進む体の老い。肌や髪の毛、体型の変化には敏感なのに、女性に固有の『膣』に対してノーケアであっていいはずがない。 原田さんは60歳にして膣のお手入れをスタート。68歳になった今も入浴時のオイルマッサージと、骨盤底筋体操を欠かさないという。
「以前は全身にオイルを塗ってマッサージしていましたが、今はちょっと忙しいので、骨盤底筋体操を行ってから、オイルを塗った指で膣内をやさしくマッサージするだけにしているので、数分で終わります。体操といっても、鼻から思いきり息を吸って、フーっと吐き出すだけだから、とても簡単。ただし、おなかの中の息を全部出しきってそのまま5秒間息を止めるので、最後はちょっとキツイかもしれません。息を最後まで吐き出すと膣口と肛門がキュッと締まり、上に引っ張りあげられるのを感じると思います」
50歳からのセックス、どうしたら?セックスをしないと膣は劣化する?
膣ケアを続けた結果、原田さんの体は激変する。長年、悩んでいたヘビーな便秘と腰痛が改善され、さらに骨盤底筋を鍛えることで体幹が整って猫背が治り、姿勢がよくなった。タイトなパンツを履きこなす姿は、とても68歳には見えない。
「自己満足かもしれませんが(笑)、全身がシュッとしてスタイルが良くなったと思います。膣ケアには優れた効果があるし、膣についての正しい情報をより多くの女性たちに知ってほしい。そう思って『ちつのトリセツ』を書きました」
『人生最高のセックスは60歳からやってくる ちつのトリセツ恋愛実践編』 の著者 原田純さん
日本では長い間、性や性器について語ることは「はしたない」とタブー視されてきた。その状況を変えるためにも、いま現在、膣の劣化に直面する女性たちが、自分の娘や次の世代に膣ケアの情報を伝えることが必要なのかもしれない。
「私にも娘がいますが、こちらが恥ずかしそうにしたり、深刻な顔で話しかけたりすると、なんとなく気まずい雰囲気になります。膣の話は明るくオープンに語るのがベスト。膣を若々しく保つにはマスターベーションも大事なので、つい先日も、『お母さんがバイブレーターを買ってプレゼントするからね!』と、明るく笑いながら伝えたところです(笑)」
※妊娠中に行う会陰マッサージと、原田さんが実践している膣ケアはまったく違うものです。妊娠中の方は必ず医師の指導を受けた上で会陰マッサージを行うようにしてください。
1/1ページ
1
PR. Fanza
2. 削除 2023/03/21(火) 17:38:40
この投稿は削除されました。
PR. Fanza
1/1ページ
1

投稿フォーム

注意事項をよくお読みになって投稿してください。

※メールは一つの投稿に対して5通まで受け付けます。
※ファイルは1ファイル50MBまで、4つまで投稿可能です ※動画は変換処理を行うため、投稿後反映までしばらくお待ちください ※入力エラー時、再度選択が必要ですのでご注意ください
※指定のパスワードでファイルを閲覧制限します。 ※空の場合は制限なしで閲覧が可能です。
※投稿後、指定の時間が来たら自動で削除されます